お知らせ:令和3年3月22日から同年4月21日まで外国籍渡航者の入国制限について

フィリピン国家タスクフォース(NTF)覚書通達第5号とその後の説明、ならびに新型コロナウィルス感染症に関する省庁間タスクフォース(IATF)による関連したガイドラインに従い、 外国人の入国は令和3年3月22日から同年4月21まで一時停止されます

上記により、入国制限期間中は次の措置の遵守をお願い申し上げます。

1. 入国が許可されない場合:

全ての外国人 フィリピン外務省(DFA)から免除や推薦、特権(共和国法6768に基づくバリクバヤン・プログラム)を以前に受けた者も含まれる(特別な免除を除く)

注意:すでに発給されたビザ、バリクバヤン・プログラム基づくビザ免除特権は、一時停止されます。入国禁止の影響を受けた渡航者は、旅行のスケジュール変更をお願い申し上げます。従わない場合は、フィリピン入国管理局より入国を拒否されます。

2. 入国が許可される場合:

• フィリピン国籍者
在外フィリピン人(OF)もしくは在外フィリピン人労働者(OFW)
フィリピン国籍者であることの身分証明書や認定証明書を所持している二重国籍者も含む。フィリピン保健省(DOH)の指導に従い、PT-PCR検査、検疫や隔離措置を受けること。

• フィリピン国籍者の配偶者とその子供
入国には以下の条件があります。
(a) フィリピン国籍配偶者/親/子供と一緒に渡航すること
(b) 現存または新規のビザを保有していること
(c) DOHの指導に従い、該当する検査や検疫を受けること

• 外交官と外国政府職員
有効な9(e)または47(a)(2)ビザを有するフィリピン共和国より認可を受けた外交官と外国政府職員、ならびにその扶養家族。以下の条件を満たした場合は検疫が免除されます。
(a) 空港到着時にPT-PCR検査を受けること
(b) 入港地のフィリピン保健省検疫局職員に記入済みの同意書(Undertaking)を提出または提示すること
(c) 申告した宿泊施設または宿舎にて厳格な14日間の自己検疫を遵守すること

• 医療送還に関わる外国籍
フィリピン外務省移民労働者次官室(DFA-OUMWA)と海外労働者福祉局(OWWA)からの推薦を受ける必要があります。
入国時に有効なビザを保有していることが入国の条件です。DOH既定の検査や検疫の対象となります。

• 外国籍船員
乗組員交代のための「グリーンレーン」プログラムに基づき入港する(空港到着ではない)外国籍船員は、入国時に9(c)ビザを保有していることが条件です。DOH既定の検査や検疫の対象となります。

• 緊急、人道的な理由またはそれに準じる場合
NTF COVID-19の議長もしくは正式に権限を与えられた代表者によって認められた外国人の入国条件は、入国時に有効なビザを保有していることです。DOH既定の検査や検疫の対象となります。

注意:入国管理局局長が、関連するIATF決議に基づき入国を許可された全ての外国人の入国拒否命令の取り消しまたは撤回を決定する特権を持つため、上記は、入国管理に関する法律、規則や規制は含まれていません。

3. 到着後の一般的な手続き

フィリピンへ入国が許可された全ての外国籍者は、下記を遵守してください。

  1. フィリピン観光省(DOT)指定の隔離施設を6泊以上事前に予約し提出すること
  2. RT-PCR COVID-19テストをフィリピン到着から6日目に隔離施設(ホテル)で受けること
  3. COVID-19テストの陰性結果は、渡航者の地方自治体に転送され、管轄のバランガイ救命緊急対応チームを通じて残りの14日間厳密な監視が行われます。

詳細はこちらのリンクをご参照ください: https://tokyo.philembassy.net/01announcements/what-to-do-when-traveling-to-the-philippines-for-those-allowed-entry/#nav-cat

4. ビザ申請手続きについて

フィリピン大使館は、上記に鑑み、下記に記載の外国籍者へのみビザ手続きおよび発給を継続いたします。

  1. フィリピン国籍の親、外国籍配偶者、子供
  2. フィリピンに任務または業務で渡航する外国政府職員
  3. 入港する外国籍船員(船員の交代目的)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、窓口による申請は受付いたしません。申請は全て、郵送により手続きいたします。ご了承ください。

申請書類事前確認のため、記入済みの申請用紙と申請書類を全て、下記件名にてvisa@philembassy.netへメールで送付してください。
件名 申請者氏名_Visa-Pre-Evaluation (例:YUKISATO_Visa-Pre-Evaluation)
詳細はこちらのリンクをご参照ください:
https://tokyo.philembassy.net/01announcements/advisory-visa-requirements-for-foreign-nationals-allowed-to-enter-the-philippines-while-under-community-quarantine/

***フィリピン外務省(DFA)発行の入国免除文書をお持ちの外国人への特別措置

フィリピン外務省(DFA)より入国免除の文書の発行を受けたビザ申請者は(DTI、PEZA、フィリピン官庁や政府機関からの推薦による)、令和3年4月22日に入国制限解除されましたら(延長されない限り)、速やかにビザの発給ができるよう、大使館に申請書類の事前確認を依頼することができます。しかしながら、入国制限期間中はビザは発給されませんので、ご注意ください。従いまして、この期間中の申請書類(原本)ならびに申請代金の郵送はお受け出来ません

申請書類の事前確認につきましては、記入済みの申請用紙を申請に必要な書類のコピーを添えてビザ課(visa@philembassy.net)へメールにてご送付いただきますようお願い申し上げます。
件名 申請者氏名_Visa-Pre-Evaluation (例:YUKI SATO_Visa-Pre-Evaluation)